いのちのまつり

 

フォトジャーナリスト 桃井和馬さん講演会 
この笑顔、守りたい!次の世代へ

フォトジャーナリスト
桃井和馬さん講演会 

この笑顔、守りたい!
次の世代へ

フォトジャーナリスト
桃井和馬氏

写真家、ノンフィクション作家、桜美林大学特任教授
これまで世界140ヵ国を取材し、「紛争」「地球環境」「宗教」などを基軸にして、独自の切り口で「文明論」を展開。講演・講座の他、テレビ・ラジオ出演多数。
第32回太陽賞受賞。公益社団法人「日本写真家協会」会員。
著書に「もう、死なせない!」、「すべての生命(いのち)にであえてよかった」、「大地巡礼」など著書多数。

フォトジャーナリスト
桃井和馬氏

写真家、ノンフィクション作家
桜美林大学特任教授
これまで世界140ヵ国を取材し、「紛争」「地球環境」「宗教」などを基軸にして、独自の切り口で「文明論」を展開。講演・講座の他、テレビ・ラジオ出演多数。
第32回太陽賞受賞。公益社団法人「日本写真家協会」会員。
著書に「もう、死なせない!」、「すべての生命(いのち)にであえてよかった」、「大地巡礼」など著書多数。

ライアー奏者
池末みゆき先生

ライアー奏者の第一人者。幼稚園教諭・園長として40年近く幼児教育に携わる。1971年には、ハンガリーにてコダーイシステムを学び、日本の童謡や民話、伝承あそびを探りつつ幼児と歩む中で、シュタイナーの教育思想に出会う。ドイツやイギリスのシュタイナーの施設を巡り、見学と実習を通して芸術教育の重要性を実感し、幼児教育のなかでコダーイシステムとシュタイナー教育を融合して実践する。スイスの音楽療法の現場でライアーに出会い、20年以上前に日本に取り入れ、演奏活動を始める。ライアーは弦楽器。病んだ心や身体を癒す楽器として、神秘思想家シュタイナーの手により開発され、音楽療法に使用されている。音楽長年幼児教育に携わり、シュタイナー幼稚園の園長を経た池末みゆきの紡ぎだす音色は、どこまでも優しい。子供の声に耳を澄ますかのように、ライアーが奏でてほしい聴き分けているからなのか。魂に染み入る演奏は「奇跡の演奏」と評価され、国内はもとより海外でも、祈りと癒しに満ちた演奏活動を続けている。

ライアー奏者
池末みゆき先生

ライアー奏者の第一人者。幼稚園教諭・園長として40年近く幼児教育に携わる。1971年には、ハンガリーにてコダーイシステムを学び、日本の童謡や民話、伝承あそびを探りつつ幼児と歩む中で、シュタイナーの教育思想に出会う。ドイツやイギリスのシュタイナーの施設を巡り、見学と実習を通して芸術教育の重要性を実感し、幼児教育のなかでコダーイシステムとシュタイナー教育を融合して実践する。スイスの音楽療法の現場でライアーに出会い、20年以上前に日本に取り入れ、演奏活動を始める。ライアーは弦楽器。病んだ心や身体を癒す楽器として、神秘思想家シュタイナーの手により開発され、音楽療法に使用されている。音楽長年幼児教育に携わり、シュタイナー幼稚園の園長を経た池末みゆきの紡ぎだす音色は、どこまでも優しい。子供の声に耳を澄ますかのように、ライアーが奏でてほしい聴き分けているからなのか。魂に染み入る演奏は「奇跡の演奏」と評価され、国内はもとより海外でも、祈りと癒しに満ちた演奏活動を続けている。

クリスタルボウル奏者
山本コヲジさん

悪性疾患による闘病・療養経験から「発酵・酵素をテーマ」にした専門店を運営。株式会社オフィスカレイドを窓口に、「共に考える場所づくり」として上映会、WS、講演、演奏会など多数企画。また、クリスタルボウルやゴング、音叉などを使い、ホリスティックな視点から「響きと心の関連性」を探求している。
サウンドヒーリングサロン 有隣花 -yuringka- 主宰。響きと心身の関連性を探求し、水晶楽器・ゴング等を演奏。瞑想会、舞台、野外パーティ他、出演多数。幼稚園や大学での講義、音源提供など、活動の幅を広げている。

クリスタルボウル奏者
山本コヲジさん

悪性疾患による闘病・療養経験から「発酵・酵素をテーマ」にした専門店を運営。株式会社オフィスカレイドを窓口に、「共に考える場所づくり」として上映会、WS、講演、演奏会など多数企画。また、クリスタルボウルやゴング、音叉などを使い、ホリスティックな視点から「響きと心の関連性」を探求している。
サウンドヒーリングサロン 有隣花 -yuringka- 主宰。響きと心身の関連性を探求し、水晶楽器・ゴング等を演奏。瞑想会、舞台、野外パーティ他、出演多数。幼稚園や大学での講義、音源提供など、活動の幅を広げている。

写真集を眺める。
知らない場所を旅できます。
そこには、希望も絶望もあります。
そこには、レンズを向けている
そのひとそのものも見えてきます。
 
とても長い間、本棚にあった『もう、死なせない!』
平和な日本にいながら、多くを考えさせられた一冊です。

 
山元加津子さんの講演録、『みんな大好き』というシリーズ。
自分がとても弱っていた時、救われた小冊子です。
 
前回「いのちのまつり」のゲストスピーカー。
そこで、お礼を言うことができました。

 
今回のゲストは桃井和馬さん。
 
私にとって、響かせることは自分を整えたり、深く呼吸するようなもの。
その延長で、響きの機会や出会いがあることは、本当にありがたいこと。
 
私にとって「いのちのまつり」は少し特別な会です。
 
池末先生の演奏、楽しみです。
桃井さんのお話、直接聞けるのは貴重です。
 
札幌に引越したので関東での演奏は久しぶり。
オープニングです。
ご都合つきましたら、ぜひお越しください。
心よりお待ちしております。
 
山本コヲジ

写真集を眺める。
知らない場所を旅できます。
そこには、希望も絶望もあります。
そこには、レンズを向けている
そのひとそのものも見えてきます。
 
とても長い間、本棚にあった、
『もう、死なせない!』
平和な日本にいながら、多くを考えさせられた一冊です。

山元加津子さんの講演録、
『みんな大好き』というシリーズ。
自分がとても弱っていた時、救われた小冊子です。
 
前回「いのちのまつり」のゲストスピーカー。そこで、お礼を言うことができました。

今回のゲストは桃井和馬さん。
 
私にとって、響かせることは自分を整えたり、深く呼吸するようなもの。
 
その延長で、響きの機会や出会いがあることは、本当にありがたいこと。
 
私にとって「いのちのまつり」は少し特別な会です。
 
池末先生の演奏、楽しみです。
桃井さんのお話、
直接聞けるのは貴重です。
 
札幌に引越したので関東での演奏は久しぶり。オープニングです。ご都合つきましたら、ぜひお越しください。心よりお待ちしております。
 
山本コヲジ

平成30年6月23日(土)
マルシェ11:00~
開演13:00~終了17:00

平成30年6月23日(土)
マルシェ11:00~
開演13:00~
終了17:00

開催場所

相模湖交流センター
相模原市緑区 与瀬 259-1
アクセスはこちら    
【電車でお越しの方】 JR中央本線「相模湖」駅下車、徒歩10分
【お車でお越しの方】
■中央自動車道・国道20号線 
・八王子方面から:相模湖東出口で降りて約5分
・大月方面から:相模湖インター経由で約10分
■国号412号(相模原市内・厚木方面)三ケ木交差点から約15分
 

時間

マルシェ11:00
開場12:30
開演13:00
終演16:00
マルシェ終了17:00
 

価格

早割2000円(5月末まで)
前売り 2500円
小中高生 1000円
障がい者1000円(付き添いの方も1000円)
(大人一人につきお子様一人ご同伴無料とさせていただきます)
お申込みはフォームにご入力のうえご入金をお願い致します
https://ws.formzu.net/dist/S79351139/

 
 

主催:きらきら☆たねまきの会

連絡先:090-1205-5678(内田) FAX:042-632-5265