村上和雄ドキュメント『SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間上映会 
スイッチ シネマ・ダイアログ 2012年4月8日@国分寺いずみホール

上映会を終えて

80分の作品「SWITCH」上映後の時間を、大ホールでいかに使うかはホントに迷った。村上先生の数々の書籍からの影響、笑いの絶えない先生の講演会、生命の暗号、サムシンググレート、スイッチ、遺伝子の目覚め…上映会を通じてどう表現するか、そして来て頂いた方に「オン」を体感してもらうには。落語を聞いてもらって泣き笑いしようか。いや、待てよ、誰呼べばいいんだ?お金だってないし。いや笑いで落語は安易か。

スイッチオンのきっかけは人それぞれ。それにシネマ・ダイアログでの対話対象には大きく自分自身が含まれていて、映画を通じた自己対話の場でもある。原点に帰ろう。そう思ったら、会場はホールの音響を活かして「音」だなと思った。それが、

スイッチオン:スイッチON:スイッチ音
倍音:overtone:ライブ企画『over to ON』


入金完了のご報告

スタッフ・お子様(小学生以下)以外で、178名の方にお越しいただきましたので、500円×178名=89000円は「災害救援ネットワーク北海道」と「天河神社」に半分ずつ寄付させて頂きます。

やんじーの活動と、禊殿の修復に役立てて頂きたいと思います。

2012年4月13日入金済